もう一度見直そう!うちの子の大切なお薬の保管方法

Catch image

ネコちゃんにお薬を与える時はとても緊張しますね!でも、効果が表れると、お薬のありがたさを強く感じます。

この時期は予防薬など薬を処方される機会が増える時期でもあります。もう一度、お薬の保管について、おさらいしてみましょう。

Head fish

冷蔵保存の指示があるお薬も

Image1

先生からいただくお薬にはいろいろな種類があります。飲み薬、塗り薬、貼り薬など、いろいろな薬がありますが、先生から「冷蔵保存で」と言われた薬は、冷蔵庫に保管します。

この時、冷蔵庫の中の匂いが吸着しないように、食品保存用のビニール袋やプラスチックの食品保存容器に入れておきましょう。

Head fish

高温・多湿・直射日光が当たらない場所に

Image2

特に「冷蔵保存」の注意書きがないお薬は、常温の室内で保管します。

直射日光や温度、湿度などによって効能が落ちるお薬もあります。できるだけこうした場所を避けて保管しましょう。

家の中でもシャワールームの近くなど特に湿度が高かったり、窓際の日光が当たる場所や、暖房器具などで高温になる場所は避けて、保管しましょう。

意外と盲点なのは、処方された病院からの帰り道。これから夏にかけて、車内の温度は急激に上がります。長時間、車の中に放置しておかないようにしましょうね。

Head fish

お薬に匂いがつかないようにして

Image3

お薬の中には匂いが移りやすい成分が含まれていることがあります。また、匂いに敏感なネコちゃんが嫌いな匂いがついた薬は、服用の際、強いストレスを与えてしまいます。

匂いの強い食品、家庭用の殺虫剤や防虫剤などと一緒に保管しないようにしてくださいね。

お薬はお薬だけ単体で保存して、ネコちゃん専用の薬箱を利用して、他の匂いがつかないようにしましょう。

Head fish

指示が書かれた薬袋は大切に保管を

Image4

病院で処方された薬袋には、お薬の名前や投薬方法など飲み方などの指示が記入されていることが多いもの。

今まで一日2回服用だったのが、1回に減らすなど、先生からの大切な「飲み方の指示」が書かれていることがあります。こうした指示を守るためにも、いただいたお薬は薬袋から出して保管せず、薬袋に入ったまま保存しましょう。

さらに、目薬の中には遮光性の高い特別な袋に入っていることがあります。その場合も、袋から出さずに入れたまま保管してくださいね。

また、毎回薬を出すのが面倒だと、あらかじめシートから取り出して保存する飼い主さんがいらっしゃいますが、特別に先生の指示がない限り、これはNG行為です。

お薬は飲む直前に、シートから取り出しましょうね。

さらに先生から処方されたお薬を、別のビンに入れ替えるのもNGです。特別に指示されない場合は、入っていた袋やビンのまま、保存しましょう。

Head fish

処方されたお薬はその子だけのものに

Image5

先生は診察を受けたネコちゃんに合った薬を処方します。別の子がそのお薬を服用すると、大きな事故につながる場合があります。複数頭飼育されている飼い主さんでも、処方されたお薬はその子の専用にして、他の子には与えないようにしましょう。

これは内服薬だけでなく、予防薬や塗ったり貼ったり、皮膚に垂らしたりするような外用薬であっても同じです。また、前回と同じような症状だから!と、以前処方されたお薬を先生の指示なく使用したりするのはやめましょう。

同じような症状に見えても病気の原因は様々で、状態によって使ってもいいお薬、使ってはいけないお薬があります。症状に合わないお薬を使ってしまった場合、よくならないばかりか悪化させてしまうこともあります。

自己判断せず、きちんと診察を受けて指示を頂いてからお薬を使うよう心がけましょう。

さらに、処方されたお薬はきちんと使用期限を守りましょう。他にもお薬に関して心配な点があれば、先生に相談してくださいね。

お薬はその子の命を守る大切なもののひとつでもあります。しっかり保管して、効果を最大限に発揮できるように心掛けましょう。

ペット手帳に登録すると
年齢や季節に合わせた専門家のアドバイスが届きます