夏本番!これからしっかり紫外線対策

Catch image

一年で最も暑い真夏がやってきました!強い太陽の光を肌に感じる季節です。今回はワンちゃんとの暮らしの中で注意が必要な、紫外線対策についてご紹介しましょう。

Head bone

そもそも紫外線って何?

Image1

紫外線を浴びると日焼けをしたり、シミや皺などお肌のトラブルになることは知られていますが、「紫外線って何?」と聞かれると、答えに詰まってしまいますね。

太陽からの日射しは波長により、赤外線、可視光線、紫外線に分けられます。可視光線よりも波長の短いものが紫外線( ultra-violet、UV)です。

紫外線は波長によってABCの3つに分けられ、地球に届くのはUV-A とUV-Bです。真夏、直射日光をたっぷりあびて、赤い日焼けを引き起こすのがUV-Bです。波長の長いUV-Aは皮膚に深く入り込んで皮膚の老化を促し、黒ずみの原因となります。

Head bone

紫外線を長時間浴びた場合のダメージって?

Image2

人間では短時間にたくさんあびると肌のトラブルの原因となる紫外線ですが、ワンちゃんにとっても、さまざまなトラブルの原因となります。

特に皮膚や目にダメージを与えます。皮膚の異常としては、扁平上皮癌という皮膚がんの原因になったり、天疱瘡(てんぽうそう)という自己免疫疾患の悪化要因になる可能性があるので注意が必要です。

目へのダメージとしては、白内障になる危険性が高まると考えられています。

Image3

白い被毛の犬は皮膚に含まれるメラニンが少ないために、日光過敏症になるケースが多いと言われているので、しっかり紫外線対策をした方が良いでしょう。

Head bone

紫外線と上手に付き合う方法

Image4

紫外線が特に多い時間帯は正午頃から14時頃まで。なるべくこれらの時間帯は、わんちゃんの散歩や外出は避けましょう。熱中症対策のためにも、お散歩は早朝か夕方以降、夜間を推奨します。

お散歩時間の見直しは、紫外線による健康被害を予防するだけでなく、熱中症予防にもつながります。


どうしても紫外線の多い日中の外出が避けられ無い場合は、UVカット素材のドッグウエアなども効果的です。

トラブルの原因となる紫外線。急に長時間、浴び続けるのは危険ですが、高齢犬の生活バランスを保つために、ある程度の紫外線が効果的な場合もあります。紫外線と上手に付き合って、この夏も元気いっぱい、楽しく過ごしたいものですね!

ペット手帳に登録すると
年齢や季節に合わせた専門家のアドバイスが届きます