ワンちゃんと待合室で快適に過ごす3つのポイント

フィラリア対策や狂犬病のワクチン接種など、動物病院に行く機会が増えるこの時期、ワンちゃんと待合室で快適に過ごすためのコツを紹介しましょう。

Head bone

キャリーケースで快適に

Image1

中・小型犬はキャリーケースの中で待つのがマナーです。
キャリーケースに慣れておくと、災害時にも便利です。キャリーケースがワンちゃんにとって、安心できる場所と認識できたら良いですね。

キャリーケースに入らない、大型犬の場合はリードを短く持って、足元でおとなしく座ってもらいましょう。

Head bone

快適な待ち方でストレスフリーに

動物病院によっては、待合室の中だけでなく、駐車場に留めた車の中で待つことができる病院もあります。吠え声が気になる飼い主さんは動物病院に相談してみてください。

ほとんどの病院では、一人が受付で待っていて、もう一人が車でワンちゃんと待つスタイルを許可しています。ワンちゃんだけを車内で待たせるのは、急な車内温度の上昇や、容態の変化もあるので、注意が必要ですよ。

Head bone

病院から発信される情報をキャッチ!

Image3

ペット手帳からのお知らせや、動物病院のホームページなどで、病院からのお知らせは定期的にスマホで届きますね。せっかく病院に行くのですから、それ以外のお役立ち情報を、待合室でゲットしておきましょう。

病院の待合室は飼い主さんに知って欲しい情報をポスターや展示物で紹介しています。フィラリア対策のポスターや、ノミ・ダニ駆除のお知らせのチラシが貼ってあるのを見たことがある人は多いかもしれません。

他にも地元の獣医師会が開催する講演会のお知らせなど、まめにチェックしておけば、思いがけない情報を得られるかもしれません。

他にも院長先生の趣味の熱帯魚がさりげなく飾られていたり、担当の獣医師の著書が置かれている場合もあります。これらは、先生や看護師さんとのコミュニケーションに役立つ、効果的なツールです。せっかく待っている時間を有効に活用してみてはいかがでしょうか。

ペット手帳に登録すると
年齢や季節に合わせた専門家のアドバイスが届きます