People icon doctor

病院からのアドバイス

2018.04.09

ほんとうは怖いノミやダニ 春から始める徹底予防

暖かい日差しが降り注ぎ、ポカポカ陽気の日が多くなってきました。人やネコちゃんが刺されるとやっかいなノミやダニも、気温の上昇とともに活発に活動し始める季節でもあります。

ノミダニ対策ですが、「屋外飼育だと心配だけど、うちは室内飼いだから大丈夫」と思っていませんか?ノミやダニは、人の服などについて家の中に入ってきたり、姿を隠したりすることもあります。現代の私たちの快適な住まいは、ノミダニにとっても快適であり、たとえ真冬でも十分寄生することができる環境なのです。
ネコちゃんがかゆい思いをするだけでなく、ノミが原因でおこる病気もノミアレルギー、爪実条虫症などたくさんあります。猫ひっかき病は人もかかる病気で、この菌をもった猫に引っかかれたり噛まれたりすると、傷口やリンパが腫れ、発熱することもあります。
ダニが原因でおこる病気は、SFTS(重症熱血小板減少症候群)、赤い発疹が出て筋肉痛や関節痛になるライム病などがあり、やはり人がかかったり、命の危険があるものがあり、ネコちゃんだけでなく同居されているご家族を危険にさらしてしまいます。

ネコちゃんに寄生しているダニをみつけた場合、引っ張ってとってしまうとダニの体の一部が皮膚に残り、ひどい炎症をおこします。自分でとらずに、すぐに診察へお越しください。また、ダニがまだどこかに潜んでいるかもしれないので、時間をおかずに予防薬を使うことも大切です。

予防薬には市販薬もありますが、病院で出される薬とは違い、十分な予防や駆虫は期待できません。しっかり予防するためにも、ぜひ病院にご相談ください。現在は、予防薬の種類も増え、[オールインワンタイプ][3か月間対応のノミ・マダニ予防]など、さまざまなタイプがあります。ライフスタイルやご予算に合わせてお選びいただくことができます。想像以上に怖いノミ・マダニ。大切なネコちゃんのためにも飼い主さんのためにも警戒と対策の意識を高めましょう。

ペット手帳に登録すると
病院からお知らせやアドバイスが届きます
トップページに戻る

ページの上へ