猫も必須のフィラリア対策 シニアでも予防は必要?

Catch image sub02

高齢になったネコちゃんの予防は気になるところですよね。春先になると、かかりつけの動物病院から「フィラリアの予防をしましょう」という案内が届くという人も多いますが、高齢のネコちゃんにとってもフィラリア予防は大切なのです。

「動物病院でポスターを見たことがある」「犬の病気でしょ?」と思った飼い主さんもいるかもしれませんが、実はネコちゃんに感染する可能性も十分あります。

フィラリアの幼虫を吸血した蚊にネコちゃんが刺されると、肺や心臓に寄生し、食欲減退、呼吸困難、嘔吐といった、さまざまな症状が現れます。これが「フィラリア症」で、重度の場合は命に関わることもある、実はとても怖い病気なんです。

ネコちゃんは、蚊に刺されても、わたしたちのように「かゆい」と訴えることができませんし、そもそもいつ刺されるかもわかりません。部屋の中に蚊がいないように見えても、ドアや窓を開けた隙に入り込んでいる可能性も十分あります。「うちの子は外には出さないようにしているから大丈夫」とはいえないのです。

月に一度、予防薬を投与することできちんと防げる病気ですが、残念ながら、猫のフィラリア対策は認知度が高いとはいえないのが現状です。「フィラリア症にかかった猫は見たことがない」と油断せず、動物病院に相談し、蚊のいる期間は忘れずに予防薬を投与するようにしましょう。ネコちゃんとのかけがえのない時間を健やかに楽しくお過ごしくださいね。

ペット手帳に登録すると
年齢や季節に合わせた専門家
のアドバイスが届きます
トップページに戻る

ページの上へ