よく聞くフィラリア シニアでも予防は必要?

Catch image sub01

高齢になったワンちゃんの予防は気になるところですよね。春先になると、かかりつけの動物病院から「フィラリアの予防をしましょう」という案内が届くという人も多いますが、高齢のワンちゃんにとってもフィラリア予防は大切なのです。

フィラリアとは、ワンちゃんが蚊に刺されて感染する寄生虫のこと。このフィラリアが心臓で増殖すると、いやな咳が出たり、呼吸困難や血尿などの症状が現れ、ひどくなると命に関わることもあります。これが「フィラリア症」で、飼い主さんにとっては耳なじみのある病名ですが、実はとても怖い病気のひとつなんです。

ワンちゃんは、蚊に刺されても、わたしたちのように「かゆい」と訴えることができませんし、そもそもいつ刺されるかもわかりません。部屋の中に蚊がいないように見えても、ドアや窓を開けた隙に入り込んでいる可能性も十分あります。

フィラリア症は、月に一度予防薬を投与するだけで、きちんと防ぐことができる病気です。外に出ることが少なくなった高齢のワンちゃんでも、いつ室内で蚊に刺されてしまうかわかりませんので、油断せずにしっかり対策してあげましょう。ワンちゃんとのかけがえのない時間を、健やかに楽しくお過ごしくださいね。

ペット手帳に登録すると
年齢や季節に合わせた専門家
のアドバイスが届きます
トップページに戻る

ページの上へ